2018年2号

BIE Bulletin 2017に愛・地球博関係論文が掲載されました。

 BIE(博覧会国際事務局)が毎年作成しているBulletinの 2017年版が刊行されました。2017年版は「Sustainable Innovation and Legacies in Expos of the 21st Century: A World in Common」をテーマに著名な執筆者による論文が収録されています。

 BIEは2005年愛・地球博について、画期的かつ社会の発展に貢献するイノベーションに富んだ万博のモデルであるとして、現在においても高く評価していることから、今般BIEの要請を受けて、中村利雄氏(元2005年日本国際博覧会協会事務総長)及び福井昌平氏(元愛・地球博参加・企画事業・広報担当チーフプロデューサー)が、それぞれ「Transport Modes of People and Goods in EXPO 2005 Aichi, Japan and Their Features(愛知万博における人と物の移動方法とその特徴)」及び「Aichi EXPO 2005: Its legacy and the launch of“global citizens”movement with the aim to build a sustainable global community(持続可能な地球社会の創造を目指して、「地球市民」のムーブメントとレガシーを産み出した愛知万博2005)」をテーマに寄稿された論文が掲載されています。

以下のURL両方よりご覧いただけます。

Online flipbook version
http://www.bie-paris.org/site/modules/mod_flipbook_1/tmpl/book.html
BIE website
http://www.bie-paris.org/site/fr/publications/bulletin-annuel



 

▲先頭へ